広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

News

RSS1.0


2017年05月28日(日)

犬の椎間板ヘルニア [News]

●Dax ♂ 6歳
「他院で会陰ヘルニア手術後、後ろ足が立たなくなり2週間が経過しました」主訴でした。身体検査では腰背部の硬結、起立不能、深部痛覚(+/-)でした。早速、身体検査、波動測定と共鳴療法を行いました。病変は総合的に第13胸椎と第1腰椎間のヘルニアによる神経障害と仮診断しました。共鳴療法後、2種類の漢方薬と絶対安静を御指示しました。

画像(300x212)

●2週間後
2週間後の再会でした。飼い主さんのご都合で暫く拝見することができず心配しておりました。性格的に安静は残念ながら守れなかったそうです。

画像(330x244)・拡大画像(375x278)

しかし、経過は良好で立ち上がってヨロヨロと歩く状況までに回復していことに飼い主さんと共に驚き感動しました、右後肢に僅かにナックリング(歩く際に足先が曲がる)が残るも今後が楽しみです!

12時45分


ページのトップへ