広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

News

RSS1.0


2018年07月02日(月)

犬の中枢神経系障害 [News]

●ティナ 12歳 ♂ Dax
「4日前に車の助手席から落ち、突然に右後肢の力が入りにくくなり、歩けなくなってしまった・・・。」と来院されました。

確かに身体検査では、首が右に傾きバランスが取れません、痛みはありません。

当院で3件目でしたので、周波数測定を中心に診察を行いました。
中枢神経(大脳皮質、基底核)、頚部椎間板ヘルニア、視床下部、脳下垂体、血管変性、アレルギーなどの異常が見つかりました。

神経学的検査により、今回の症状は椎間板ヘルニアによるものではないことを確認し、中枢神経を中心にケアー(周波数療法と漢方薬)を始めました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●経過
6回の周波数療法後(20日後)、傾いた首はほぼ水平に近づき歩行可能になってきました、異常が見つかった周波数も重度から軽度に改善しています、もう一息ですね。


関連タグ :

17時42分


ページのトップへ