広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

News

RSS1.0


2019年09月10日(火)

犬の喉頭炎 [News]

●アンジー 3歳 ♀ パピオン
「昨日、昼寝してから食欲なし、夜中に咳をするように泡を吐き出していた。寝ていて急に起き上がることがある」などの情報をもらいました。
そして、おやつはアキレス腱、ドライ肉でした。

身体検査から緊急性はなく血液検査は行いませんでした。
まずは絶食絶水で臓器を休めることを指示しました。

画像(292x223)

●2日目
翌日は「咳き込む感じで胃液を吐く」でした。

咳症状は通常@気管(気管支) A心臓 B肺 C喉の問題で発生します。身体検査では、上記の異常はなく、続いて行った血液検査では、軽度の急性炎症)CRP 1.5mg/dl(正常値<0.7mg/dl)以外の異常はありません。さらに、周波数測定では重度の食道炎と軽度の胃炎が浮上しました。

指示は、絶食絶水です。

画像(330x234)・拡大画像(468x332)

●3日目
咳が軽くなり、食事も欲しそうにする。
遊ぶ元気が出てきた。
寝ているところ急に起きて咳をする。

咳はまだ続きますが、改善してきました。
急性炎症の指標CRPは1.3mg/dlと軽度に低下してきました。
周波数測定では、胃と食道の問題はなくなりました。

胃と食道の改善から、少量の消化の良い食事を開始しました。

●11日目
最終確認のために炎症の検査を行いました。
結果は正常値CRP 0.6mg/dl、正常に復していました。
咳は全くなくなり食欲正常。

今回の原因は、喉頭の周波数を調べていなかったことが悔やまれますが、飼い主さんが与えている大きく硬いアキレス腱が喉、食道、胃を傷つけ、
喉頭の損傷に違和感を生じ咳の発生に繋がったと思われます。

大きなおやつは、気を付けましょう!

17時07分


ページのトップへ

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • 石崎動物病院の日々

検索

キーワードリスト

最近の記事

リンク集

powered by a-blog

[Login]