広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

よくある質問

RSS1.0


何を食べるのが一番ですか? [よくある質問]

 我々の考え方としては、「遺伝子に沿った安全なお食事を戴くこと」が何より大切であると考えています。病気の早期発見は当然大切なことながら、もっとも大切なことは、「病気にならない生き方」です。
 毎日戴くお食事が、体に合っていない、また、安全性を欠くものであれば少なからず悪い影響を及ぼします。最近、人間では「地産地消」「身土不二」が取り上げられていますが、残念なことに多くの人は、食事を単なるエネルギー補給と考えているのが現状です。
 食材個々の持つ性格、食材個々の効用を理解して、動物の体に合った食材、食べ方をお勧めしています。

画像(220x165)・拡大画像(228x171)

ネコちゃんの歯

画像(220x165)・拡大画像(320x240)

ワンちゃんの歯


 具体的には、歯の解剖学的構造を見ていただければ分かる通り、穀類中心となる人間の歯の構造と比べ、犬、猫では、肉中心の配列です。
 もともと犬も猫も御先祖様は、肉食獣でした。「遺伝子に沿った」とは、言いかえれば解剖学的構造に沿ったと言うことになります。(肉と言っても筋肉、内臓、骨を含んで肉と表現しています。)もし、彼らがどうしても一人で生きてゆくことになった状況を想像していただけばイメージが湧くと思います。彼らは決して自分で調理することはできません。捕まえた物をそのまま食べることになります。
 過去の歴史を振り返り、何が大切かを見つめることは、健康を維持するためにとても大切なことです。
 お食事に興味のある方は、どうぞお気軽にご相談ください。スタッフ全員が食事(食材選び、食材の効用など)についてお答えできる準備をしております。ご予約の上、いつでもリクエストください。


ページのトップへ