広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

バイオレゾナンス

RSS1.0


バイオレゾナンスメソッド(生体共鳴方式) [バイオレゾナンス]

画像(208x297)

●バイオレゾナンス
バイオレゾナンスとは聞きなれない言葉ですが「生体共鳴」の意味です。
当院ではドイツレヨネックス社の波動測定器を使用して生体に関わる見えない各種周波数を測定し、病気の真の原因を突きとめる作業を行っています。

レヨネックス社の創始者であるパウエル・シュミット氏は物質が有する振動を0〜100までの周波数として数値化しました。
その周波数数は約4,000にも及び細胞内小器官をはじめ各種臓器、疾患、心の問題などなど幅広い範囲を網羅しています。
その周波数を使用して共鳴(ノイズ)のあるなしを判定結果として測定します。


ドイツ国内では人に保険適応され、その機器を6万人(内5,700人の医師、自然療法士)が使用し、世界47カ国に普及しています。

当院での機械導入は15年前から、そして、ドイツ振動医学推進協会認定セラピストの資格を取得して本格的に開始したのは6年前になります。
体の不調を測定し、その乱れを調整することで自然治癒へ導くことが可能です。
また、生命力を低下させている原因を探り除去することで問題点が改善されます。元の元の原因追及と原因除去を行わないと芯からの改善は得れません。

画像(220x126)・拡大画像(404x232)

●病気の原因を探る基本中の
基本事項は以下です。
@7チャクラ
A12経絡
B電磁波、地場障害
C酸化状態
D有害物質汚染
Eビタミン、ミネラル
F酵素
Gアミノ酸
H各種病原体※


画像(330x263)・拡大画像(558x446)

※各種病原体サンプル
@赤(細菌)
A緑(ウイルス)
B黄(寄生虫)
C青(真菌)

●測定と調整可能な要素
@未病測定
A食べ物の相性測定
B化学物質、農薬、重金属の障害測定
C薬剤の相性測定※
D各種臓器障害の測定と調整
E減感作療法※※

※薬剤の相性測定
西洋医学のお薬はほとんどノイズが発生するために相性は合いません。
当院では薬膳、漢方を使用しています。

※※減感作療法(以下)
原因となるアレルゲン物質(66項目、1000種類)を突き止め、その周波数を共鳴させて体質を改善する方法です。適応は炎症性皮膚炎、消化器、肝臓、膵臓、甲状腺、喘息疾患、関節炎、口内炎などです。

画像(330x240)・拡大画像(426x310)

約15〜20回で80〜100%の改善が見られ、その効果は生涯持続します。

●このような方にお勧めです!
@病気にならない生き方をしたい
A未病の段階で病気を発見したい
B病気が改善せず、あきらめてしまっている
C体に負担のない治療がしたい

画像(220x213)・拡大画像(261x253)

●各種症例
バイオレゾナンス測定およびハーモナイズを行った症例は
院長コラム下の「surch」の検索欄に
「バイオレゾナンス」と入力されると
ヒットします。
参考にしてください。

  一記事表示

ページのトップへ

症例検索キーワード

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • 石崎動物病院の日々

検索

最近の記事

リンク集

powered by a-blog

[Login]