広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

診察・手術の案内

RSS1.0


ワクチン(抗体検査) [診察・手術の案内]

画像(220x165)・拡大画像(640x480)

中国医学の考えでは、ワクチンはいわゆる「邪毒」にあたります。「あえて毒を体に注入する必要があるのか?」「人間では、毎年ワクチン接種をしていないのにその必要があるのか?」「アメリカの一部では、ワクチンは3年に一回接種なのに毎年の必要があるの?」などの疑問が湧きました。

そこで、ワクチンメーカーのサポートを頂きながら当院で調査を重ねた結果、ウイルスの種類により多少の差がありますが、約65%の動物が毎年のワクチン接種が必要無いことが分かりました。

一方、毎年接種しているのにも関わらず、翌年には抗体価が基準値より低下し、毎年のワクチン接種が必要な動物もいました。

あくまでも飼い主さんにご選択戴きますが、まずは抗体検査を行い、その結果に基づいた無駄射ちのない「体に優しいワクチン接種」をお勧めしています。


例)犬のワクチン接種の流れ

 ウイルスの種類
 @犬ジステンパー
 A犬パルボ
 B犬アデノ
  採血⇒ 約7日間待機 ⇒抗体価が基準値と同じ、あるいは低い場合にワクチン接種

例)猫のワクチン接種の流れ

 ウイルスの種類
 @猫伝染性腸炎
 A猫ヘルペス
 B猫カリシ
  採血⇒ 約7日間待機 ⇒抗体価が基準値と同じ、あるいは低い場合にワクチン接種

●抗体検査検査報告書をご覧になる場合は、ここをクリックください。


ページのトップへ