広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

高度最先端医療

RSS1.0


動画 腹腔鏡による卵胞嚢腫の摘出 [高度最先端医療]

●卵巣嚢腫
卵巣嚢腫とは、卵巣に嚢胞を形成してしまう病気です。このケースは、卵胞に大量の液体が貯留し拡大していています。開腹手術であれば、この卵胞を含めて卵巣を摘出するためには、かんり大きな切開が必要になります。
腹腔鏡を使用して、大きく膨らんだ卵胞に針を刺し、その液体を除去して嚢腫を小さくしました。容積を小さくすることで切開創が小さくなります。

●痛みの軽減
切開が小さくなるので、当然痛みも少なくなりました。
手術当日から体を動かし、翌日から通常通り食事を戴くことができました。


関連タグ :

  一記事表示

腹腔鏡による卵巣遺残摘出術 [高度最先端医療]

●卵巣遺残
大型犬/著しい肥満犬/胸の深い犬種では、開腹して卵巣を引き出す作業に困難を生じることがあります。そして、まれに卵巣の一部が取りきれずに残ることがあると聞きます。

今回、このケースでは「不妊手術をしてもらったが、出血と陰部腫大を定期的に繰り返す。」主訴で手術を行った病院の先生の紹介で来院されました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●残存卵巣摘出術

映像で見られるように卵巣の一部が腎臓後方に残っているのが分かります。僅か8mmほどの組織ですが、完全切除を行わないと発情を繰り返すことになります。
超音波であらかじめ確認を行い、腹腔鏡で狙いを定めてアプローチしました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)
画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●その後
半年後、いつものように発情(陰部出血、陰部腫大)を起こさなくなり落ち着いたそうです。不妊手術の目的は、@子供をできなくするA発情を止めることだと思います。卵巣の一部でも取り残しがあると、手術後も継続して発情を繰り返します。特に胸の深い大型犬になると卵巣を引き出すことに苦労を要します(私も以前は苦労していました)ので、腹腔鏡による手術は、痛みの軽減だけでなく、卵巣を確実に完全に切除できる点も有益だと言えます。


関連タグ :

  一記事表示

動画 腹腔鏡による腎臓生検 [高度最先端医療]

●腎臓生検
腎臓生検とは、肝臓、膵臓生検と同じく腎臓の一部組織を採取して診断する方法です。一般てきではありませんが、蛋白漏出性腎炎の最終診断で、アミロイド―シスと糸球体腎炎を鑑別するために有効な検査となります。
超音波装置を使用して材料を採取することも可能ですが、腹腔鏡を使用した方が確実で安全に行うことができます。

  一記事表示

過去の記事へ

ページのトップへ

症例検索キーワード

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • 石崎動物病院の日々

検索

診療時間

診療時間説明

呉本院

タイムスケジュール

大柿分院

タイムスケジュール

※ 診療・往診共に完全予約制です。
※ 分院の金曜日と日曜日は隔週となります。

電話予約はこちらまで!
[呉本院] 0823-21-4175
[大柿分院] 0823-40-3055

※ ご予約は閉院30分前までにお願いします。

最近の記事

リンク集

powered by a-blog

[Login]