広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

飼い主さん感想文

RSS1.0


石崎動物病院と出会って・・・ [飼い主さん感想文]

●チロ シーズー ♂ 2歳
最初に診ていただいたのは我が家での2代目シーズー犬チロです。身体のあちこちに発疹が出て不安になったので、インターネットで調べているとき「動物にやさしい病院」という口コミに目がとまり石崎動物病院に行くことにしました。

最初に先生がチロの身体全体を丁寧に時間をかけて触りながら診てくださったことに感激して、それまで不安でいっぱいだったのに、たとえどんな結果がでてもここなら大丈夫という安心感に変わっていました。スタッフの皆さんも優しく病院の雰囲気がとても良いのが第一印象でした。

その時に検査のため身体をいろいろな機械で調べていただきました。たくさんの本格的な設備機械が揃っていることに驚くとともに安心できました。身体の状態の説明後、今後の生活環境についてご指導いただきました。

良質で安全な水の大切さや、犬は本来生肉を食する動物で市販のドッグフードはよくない添加物を使用しているものが多々あるなどの食事の大切さを教えていただきました。

普通は治療だけで終わります。しかし石崎先生は、良い生活環境で過ごすことが何より大切な治療の一つであることを私たち飼い主へ指導してくださり、動物のことを第一に考えられている姿勢に感動し更に信頼感をもちました。

悲しいことにその子とはお別れが来てしまいましたが、先生のアドバイスのおかげで自然に苦しむことなく眠るように亡くなりました。そのことが私たちの心をどれだけ慰めてくれたかわかりません。母が病院に報告の電話をしたときみなさんの温かいお言葉でとても励まされ本当にありがたくて泣いていました。心のケアまでしていただいて、本当にありがとうございました。

大切な動物が病気になると毎日が不安になります。元気のない様子を見るとどうしてあげればいいかと気持ちも沈んでしまいますが、この子にとっての最良の方法を伝えてくださり、飼い主の気持ちまで受け止めてくださる石崎動物病院があることはとても大きな安心になっています。

3代目シーズー犬チロが我が家へ来たとき、迷わず石崎動物病院で健康診断をしていただきました。そのとき電磁波測定士でもある先生から「電磁波」のことを詳しく聞きました。

石崎先生が過去に自身の不調に悩まされていたとき、ご自分で四苦八苦しながら調べた結果、電磁波が原因だったことをつきとめた話を聞きました。聞いた症状と自分の状態が似ていたので「私は電磁波の影響を受けていたから調子が悪かったのだ!」と気づかさせていただきました。今までモヤモヤとしていたものがぱっと晴れて先が見えた様でとてもうれしい気持ちになりました。

そのころなんとなく、疲れやすいな、活力が出ないなと思っていましたが生活に支障の出るほどのことでもないのであまり気にすることなく過ごしていました。またビルの中や病院などの建物に入るとなんとなく居心地がよくない感じがありました。

病院はコンセントや電気機器、窓から建物全体まで電磁波対策をされているとのことでした。そういえば病院の中に入ると空気が澄んでいるようなさわやかさで、今までの建物の中に入ると感じてきた不快感が全く無かったので、こんなにもちがうのかと驚きでした。

身体の不調に「電磁波」が原因であるとは思ってもいませんでした。身体にたまった電磁波がいろいろな悪さをすることや、身体の不調に電磁波がかかわっている事など色々と教えていただきました。その時はお話を聞いて「そうだな」とは思いましたが、まだ漠然としていて、行動するまでは至りませんでした。

しばらくしてチロがよく吐くようになり、調子が悪いので診察してもらうとアレルギーの抗原がたくさん引っ掛ってきました、また、電磁波の影響も受けていました。前回いろいろ説明して教わっていたのにだめですね。その後、減感作療法をしていただくことにしました。そして、以前から電磁波についての話を聞いていたので治療のことも自然に受け入れられました。

チロはペットショップから家に来たとき1歳半を過ぎていてしつけもなかなか身に付かず、ご飯もあまり食べてくれませんでした。精神的にも不安定で一人にするとうんちと尿を漏らし、左右に行ったり来たりを繰り返して落ちつきもなく臆病な子でした。

減感作療法を続ける中でだんだんと落ち着いていられるようになりました。身体に優しい治療なので心地よいのかリラックスしていくのがわかりました。最後のほうは治療をしてもらうのが楽しみなようでした。

私たちも付き添いで傍にいたのですが、周りにたくさん電気機器があっても電磁波をブロックされているので、度々眠気におそわれるほど居心地よくリラックスして待つことができました。

付き添いの間に診察室にある先生の本をすすめていただいて読んだり、書名や作者をみてインターネットで調べたりする中で電磁波など現代の環境に起因する様々な問題について知るようになりました。与えられる情報を受け取るだけではなく、自分から積極的に知ろうとしなければ大切なことはわからないと気づかされました。

便利な世の中になり様々な電気製品に囲まれていますが、体の不調に影響していることなど思いもつきませんでした。先生に新しい視点を与えてもらい感謝しています。

時代の恩恵を受ける一方で、様々な症状に悩む人も増えているようです。そのひとつの原因が電磁波なのですが、症状と電磁波を関連付ける明確な科学的根拠がないため未だ病気として認定されていないようです。しかし症状は確かに存在していて苦しむ人や動物がいます。

今の生活を当たり前と思う前に便利な世の中に寄りかかりすぎていないだろうかと日々振り返る気づきと反省を教えていただきました。

人間にとって良くない環境は動物にとっても良くない。動物にとって良い環境は人間にとっても良いということ。そのころになって少しずつ電磁波対策を実行していくようになったと思います。

また付き添い中に病院内の様子をずっと見させていただいてはいつも感心していました。
院長先生はじめスタッフのみなさんの誠実で丁寧で温かい対応に私たちも癒されました。皆さんの働きにいつも頭の下がる思いがしました。

ある夕方に減感作療法をしてもらっていたときの出来事です。病院に電話が鳴り、スタッフの方が先生と話をしている声が聞こえてきました。急患のようで、どこの動物病院も受け入れてもらえず、お願いできないかというような内容でした。チロの治療もほとんど終わり病院も診察時間の終了が近かったにもかかわらず、先生は連れてきなさいというようなやり取りをされていました。

しばらくしてそのわんちゃんたちがこられたようですがパテーションの向こうなので実際の治療は見えませんでしたが、先生が的確に処置されスタッフのみなさんがてきぱきと動かれている様子が伝わってきました。そのおかげで大事には至らなかったようです。

もし診察時間が終わりだから受け入れないとお断りされていたらどうなっていたでしょう。石崎先生の確かな技術ですぐに処置されなかったらどうなっていたでしょう。助けてもらってほんとよかったねーとその場に居合わせた者としてとても感動した出来事でした。わんちゃんたちにとっても飼い主にとっても命の恩人ですね。これまでもどのくらいの動物たちが先生に命を救ってもらったことでしょう。先生本当にいつもありがとうございますと言いたいです。

チロも何回かの減感作療法に通う度に吐くこともなくなり、あんなに臆病だった性格もずいぶん落ち着いてきました。
治療の効果がまだ持続しているのか、ペットショップから連れて帰ったときは外に出ることを嫌がり数歩も歩けなかったのに、今は一時間お散歩しても足りないようで、まだまだ歩きたがります。エネルギーが満ちているようでとても元気です。元気すぎて飼い主がついていけないくらいです。体質も改善されたためか今も皮膚がとてもきれいです。

人間も電磁波の影響で具合が悪くなるのだから、小さい動物達はもっと影響をうけることを実感しました。何も語らないけど動物たちはその小さな身体を通して私たち人間に警告してくれているのだと思います。

そして動物達が様々な身体の不調を出して発しているメッセージを、言葉の話せない動物たちに代わって、先生が飼い主に伝え教えてくださっているのだと思います。動物の事を一番に考え、休むことなく動物達や私たち飼い主のため力を注いで下さる先生に本当に感謝しています。他にはない手技を行う石崎先生に出会えたことに感謝です。

先生、これからも身体に気をつけられて世の中の動物達や私たち飼い主ののために、よろしくお願いいたします!

この感想文が皆様のお役に立てれば幸いです。
動物を愛する安浦の飼い主より。




関連タグ :

  一記事表示

断食と周波数療法 [飼い主さん感想文]

「断食と腫瘍」*で登場したリンちゃんの飼い主さんから感想文を頂きました。
*5つ前の記事

Dax 12歳 ♀ リン 
「他院にてガン宣告、ショックでした....。」

高齢なこの子に手術を2回も受けさせるのは、
肉体的にも家族の精神的にも無理と思い、決断できませんでした。

でも、悲しんでばかりいられません。
東京の波動インストラクターに尋ねると、石崎先生を紹介してもらいました。

画像(294x215)

最初、断食(1ヶ月)と聞いて、とても無理だなと思っていました。
ですが家族の協力が心の支えになりました。

いざ実行してみると、抜け毛も生えてきて、リンちゃんは日に日にげんきになるばかりか、ガンが小さくなっていく過程を超音波でみせてもらっていたので希望がもてました。

石崎先生には毎回、波動測定をしてもらい治療の進捗状況を説明していただくので病気から快復しているのが分かり、次回への受診へ繋がりました。

画像(299x220)

腎臓下の塊が無くなりました!

遠方で不安になることもありましたが、先生から時折、電話を頂くことで精神的にも支えていただき、とてもありがたく思っています。

何よりリンちゃんが苦しむことなく、自分の知らないうちにガンが治ってたなんてこんな奇跡が起こるとは思わなかったです。☺☺☺

  一記事表示

猫の腎不全、その他 [飼い主さん感想文]

●チビ 13歳 ♀ 日本猫
初めて石崎動物病院にお世話になったのが10年前、チビがまだ2歳半の頃でした。生後1ヵ月の頃に交通事故にあったチビを息子が連れて帰り、下半身麻痺のため排泄介助こそ必要でしたが、他は全く手の掛からない子でした。

ある日突然立てなくなってしまい、近くの病院で「何もしてあげられることがない」と告げられました。あきらめかけていた時、知人に「もしかしたら助けてくれるかも」と紹介されて伺ったのが石崎動物病院でした。
その時は、多血症と診断され、数カ月におよぶ瀉血治療で元気にしていただきました。

画像(330x221)・拡大画像(567x380)

それから、10年近くは大きな病気もなく元気に過ごしていたのですが、1年ほど前に膀胱炎になってしまい、久しぶりに伺いました。その時に、東洋医学が主の治療を行いませんかという説明をうけました。これまでも、家族が怪我や病気をした際は、東洋医学で治療をして下さる所に通うことが多かったので、是非、チビもという思いでした。

周波数入りの水や漢方薬など、体に負担の無い治療をしていただきました。膀胱炎が治ったと思ったころ、今度はてんかん発作が起きてしまいました。周波数測定をして頂いたところ、電磁波障害、食事アレルギー、心の問題などなど・・・驚くほどの項目に異常を示しており、正直とてもショックだったことを憶えています。

中でも電磁波障害は深刻で、初めてけいれん発作があった前後からだったと思いますが、常に顔がピクピクする状態でした。自分なりに自宅で改善ができる事はしたつもりでしたが、一向に数値が良くならず、一級電磁波測定士でもある石崎先生が機材をもって自宅まで電磁波の測定に来てくださいました。

するとWifiを止めて有線にしたものの、ルーターが自動的に無線を拾うタイプであったり、電話も子機の無いタイプに変えたはずが、実は無線がついていたり・・・・極めつけは目の前のマンションの屋上にある携帯電波基地でした。
これまでは興味がなく、気づきもしなかったですが、直ぐに指摘されました。先生に引っ越しを勧められるほど(笑)ひどい環境で、あの時は本当に愕然としました。

その後、可愛いチビの為に助言していただいた事は全て実行しました。処分できるものは処分して、使わざるを得ないものに関しては、先生の勧める電磁波ブロッカーを貼り、ルーターは強制的に無線機能を切断する、ホットカーペットは磁場をカットするカーペットをさらに敷くなど。携帯電波基地に関しては撤去してもらうことは不可能なので、高周波防御カーテンを取り付けました。

現代社会で当たり前だと思っていたWifi環境やコードレス電話、IHや家電がどれだけチビを苦しめていたかを知ったと同時に、チビが私の為にも体を張って教えてくれたと思っています。

画像(304x221)

その後は、これまでのお水や漢方薬に加えて、数カ月間周波数療法も行いました。これで元気になる・・・・そう思っていた矢先に、生まれて初めて大量の下痢、数日後の突然の吐き気。一日間様子をみてもぐったりしているので受診すると、診断は「腎不全」。この病気がどのようなものか詳しい知識が無かったので、さほどの心配もなく、膀胱炎、癲癇が治ったのだから腎不全も治療すれば直ぐに治る・・・くらいの感覚でしたが、実際はそうではありませんでした。数日間は静脈からの点滴、その後は皮下補液、漢方薬。食欲もなく水も飲まなくなり、どんどん痩せていきました。

猫好きな友人に「覚悟をしておいた方が良い」と言われましたが、覚悟ができるはずもなく、チビに対してもうちょっと一緒に居てねという気持ちと、つらかったらこれ以上頑張らなくていいよという想いで泣いてばかりの日が続きました。

そんな時に、息子が一言。「チビはこれまでも何回も奇跡をおこしとるけん、今回も大丈夫!」と。チビの生命力を信じようと思いました。すると、少しづつですが、食欲が出てきて体重も増え、回復に向かっていきました。

腎不全の数値は下がりましたが、今も貧血と膀胱炎が出ることがあるので、漢方薬と周波数療法は続いています。定期的な血液検査も必要と言われていますし、好・不調の波もありますが、2か月前が信じられないほど元気です。

この2か月で私が先生に教えていただいた事。「飼い主のマイナスな気持ちが動物の病気を作る!」、確かにそうだと思います。チビが愛おしすぎて不安になり、まだ起きていないことまで心配してしまうのです。
落ち着いて考えると分かるのですが、つらそうな我が子を見ていると、口では大丈夫と言えても、心の中では・・・・私の課題ですね(笑)。周波数療法を受けている時間に先生の本を読ませてもらったりして日々修行中です。

まずは来年の13歳の誕生日をお祝いできるよう、そして、いつかはギネスに載れるほど長寿猫になれるよう、これからもチビと仲良く過ごしていけたらと思います。

先生、看護婦さん、これからもチビの事を宜しくお願い致します!!

  一記事表示

過去の記事へ

ページのトップへ

症例検索キーワード

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • 石崎動物病院の日々

検索

最近の記事

リンク集

powered by a-blog

[Login]