広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

RSS1.0


選択されているタグ : 

バイオレゾナンス

犬の慢性口内炎 [News]

●モコ 6歳 プードル ♀
数週間前から治療中だったそうです・・・・。
「4日前から食事を取らず、水も飲まない!」主訴で来院されました。

待合室に入った瞬間から著しい臭いに気付き、重症であることを想像しました。重度の歯石沈着による歯肉炎では、これほどの臭いは発しません。

口からはヨダレが持続的に流れ、普段はフレンドリーで顔回りを撫でるのが好きな子が、まったく触らせないほどの激しい痛みを抱えていました。

画像(330x251)・拡大画像(518x394)

それでも目を見つめて小さくしっぽを振って「助けてほしい」と挨拶。
「何とか治すぞー!待っててねー」と闘志が湧きました。

画像(330x225)・拡大画像(438x299)

●血液検査
重度の感染症による著しい慢性炎症が発生していました。
 WBC36,650(正常15,000)
 Mon4,330(正常1,000)
 CRP7.0(正常0.7以下)
以前からの症状がつづいていた慢性所見を思わせる
ALB(蛋白質)の低下もありました。

画像(330x242)・拡大画像(560x412)

●バイオレゾナンス測定
*アレルギー×
*大腸のカビ×
*ミネラル不足×
*高周波障害×
*肝臓×
*乳酸菌不足×
*抑制性T細胞の産生不良×


上記から感染を抑える薬膳、乳酸菌の処方、電磁波対策※
そして、抜歯を計画しました。

※電磁波対策にこだわる理由
病原体は酸化環境で活力が増加します、所謂、彼らの気付け薬と言えるものです。
病原体を薬膳で処理する際には、酸化環境を除去すると治療効果の増強、治療期間の短縮が望めます。
特に電気カーペット、Wifiルーター、スマホがいけません。

●抜歯
殆どの歯が動揺し、歯肉は赤く腫れ潰瘍化し、口唇は柔軟性を失っていました。
相当の痛みを我慢していたことが想像されます。

術前

画像(330x223)・拡大画像(494x335)

術後

画像(330x234)・拡大画像(500x355)

残念ながら殆どの歯を抜くことになりました(涙)

画像(330x229)・拡大画像(452x315)

●食道カテーテル
食欲なし、蛋白質の低下、薬膳投与を考慮して
食道カテーテルの装着を計画しました。

画像(330x239)・拡大画像(493x358)

●14日後
「自ら食べるようになり、元気になった。」と聞きました!
ヨダレはまだ残り未だ感染症は続いていますが、
臭いはほとんどありません。

今回の口内炎は自己免疫疾患と感染症と診断しました。
歯石により口内炎が発生してもここまでの状態にはなりません。腸漏れによるアレルギー疾患と口腔内の細菌感染の合併により一気に状態が悪化したことが考えられます。

当院では感染症に抗生剤は使用しません!
腸漏れによるアレルギーが元の元に存在している中で、抗生剤を処方するとカビが優位になりアレルギーがさらに悪化し、漏れが進行し足を引っ張るからです。
併せて耐性菌の心配があります。

抗生剤使用はだらだらと広域のものを使用せずに
狭域で短期間タイプが望ましいと言われますが、、、、
狭域、短期使用でも細菌は消滅し腸内細菌の多様性を失い耐性菌が出現する可能性があります。
特に経口薬の使用はいけません。

画像(330x240)・拡大画像(483x352)

我々は腸内細菌はじめ体に住んでいただいている微生物により
生かされていることを忘れてはいけません!
仲間を殺す、あるいは豹変させるような人的行為は避けるべきなのです。

続く・・・・。


関連タグ :

  一記事表示

猫の視力障害 [News]

●リンコ ベンガル ♀ 2歳
「目が見えない様子?」
セカンドオピニオンとしてドクターの紹介で来院されました。

血液検査正常。
以前に比べ遊ばなくなり、直ぐに暗い場所へ行くそうです。

バイオレゾナンス測定では、
虹彩、視神経、網膜に異常がみられました。

画像(330x225)・拡大画像(533x365)

●1年後
思考錯誤の日々でしたが粘り強く来院いただき
色々な問題点を解決しながら1年が経過しました。
視力はおおよそ回復し、時折見えにくそうな感があるだけだそうです。
現在も瞳孔は開き気味ですが、光に反応(対光反射)が
でてきました。

原因は腸漏れによる病原体の眼への侵入による
感染症が最も有力と思われます。

完全回復を目指して頑張ります!


関連タグ :

  一記事表示

犬の中枢神経障害 ”脳漏れ症状” [News]

●パピオン ♂ パピ 10歳
「下を向いたまま、一点を見つめている」と3年ぶりに来院されました。

以前はアレルギー治療である減感作療法を行い、
その後痒みもなくなり調子が良くなり久しぶりの再会でした。

表情には覇気がなく、頭をうな垂れてほとんど動きません。
右目は涙の分泌が低下しドライアイとなり、
角膜が乾燥して色素沈着と目やにを伴っていました。
眼が揺れる眼振、くるくる回る旋回運動はありません。

画像(330x237)・拡大画像(333x240)

うつろな表情でした・・・・

血液検査は特に異常なし。
バイオレゾナンス測定では以下の異常が目立ちました。

*中枢障害×
*間脳×
*脳脊髄関門×
*髄液×
*病原体×
*腸内フローラ×
*大腸×
*ゴルジ体、リボソーム、リソゾーム×

これらは所謂、脳漏れ(Leaky Brain)状態です。

早速に薬膳と乳酸菌を選択して3週間分を処方しました。

●3週間後
「以前と同じように元気になった!」と報告を受けました。
確かに自らキャリーケースから出て来て尾を振ってくれます。
そして、うな垂れていた頭も「シャキッ」と上げています。

前回の重度項目は全て中程度に移行していました。
病原体はまだ存在しますので、
暫くの治療が必要と思われます。

根本治療である「腸漏れ」と「脳漏れ」の完全改善を目指して、
食事、環境、水に注意して頑張りましょう!

以前のページも参考にしてください。
「腸漏れによる犬の細菌性肝炎」
https://www.ishizaki-ah.jp/admin.php?ID=1296
「腸漏れによる犬の神経疾患」
https://www.ishizaki-ah.jp/admin.php?ID=1291


関連タグ :

  一記事表示

過去の記事へ

ページのトップへ

症例検索キーワード

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • 石崎動物病院の日々

検索

最近の記事

リンク集

powered by a-blog

[Login]