広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

診察・手術の案内

RSS1.0


外科・整形・眼科診療 [診察・手術の案内]

整形外科

最近は、交通事故が少なくなりましたが、各種骨折整復機材を取り揃えています。出来るだけダメージを与えないことが大切ですが、骨盤骨折などでは、出来るだけ元に近い形に復元することが必要になります。
また、人間同様に慢性の関節疾患、椎間板ヘルニアが増加していますので、特に肥満に注意し、規則正しい生活と適度の運動(腹筋強化)を心掛け予防に努めましょう!

●大腿骨幹骨折例

画像(220x165)・拡大画像(640x480)

術前

画像(220x165)・拡大画像(640x480)

術後


画像(220x165)・拡大画像(640x480)

術前

画像(220x165)・拡大画像(640x480)

術後

外科

画像(220x164)・拡大画像(640x479)

人間と同じように、腫瘍の発生がとても多く感じます。早期に診断、切除できれば、多くは救命できます。できるだけ、切らないに越したことはありませんが、切らなければいけないのであれば、気が付いたときが切除時期です。大きくなるまで様子を見るなどは、決して考えずに、早期切除をお勧めします。


画像(220x165)・拡大画像(320x240)

そして、7日後の病理検査を待ちます。無事に完全切除できていたとしても、ここからが大切です。腫瘍ができる体ということは、既に免疫が低下している訳ですから、これを機会に生き方を見つめて、病気にならない生き方を心がけなければなりません。当方では、腫瘍摘出後の健康管理に特に力を注いでいますから、しっかりと話をお聞きください。

眼科

動物も人間と同じような眼科診療が受けられるように設備準備を続けています。歯の疾患と同じように、ついつい受診が遅れがちになりますが、ふだんから瞼を持ち上げて「赤目」はないか?「しょぼしょぼ目」はないか?「目ヤニ」はないか?などの兆候に眼を光らせて下さい!そして、異常と感じたら一刻も早くご来院ください。(自宅でできる身体検査参照)

  一記事表示

皮膚科・歯科診療 [診察・手術の案内]

皮膚科診療

皮膚病の多くを占めるのがアレルギー性皮膚炎です。
アレルギー性皮膚炎と言っても原因は、種々ありますが、食事アレルギーとアトピーを鑑別するためには、今まで食べたことの無い蛋白質を試食する「食事トライアル」をする必要があります。
その後、アトピーと診断されたならば、根本的な体質改善の必要があります。
アトピーの根治はできませんが、遺伝子に沿った正しく安全な食事内容に変更し、そして、陰陽食事療法、スキンケアーなどを取り入れることで症状が軽減し、多くの方に喜んでいただいています。また、個体に合ったサプリメントを見つけ出すことも一手段です。ステロイドの全身投与に関しては、僅かに使用することがありますが、ほとんどの患者さんは、上記の方法で喜んでいただいています。

●陰陽食事療法
アレルギーは、炎症です。炎症は、言いかえれば火がついた状態です。
当たり前ではありますが、火にガソリンをかけるようなことは、絶対にしないと思います。つまり、炎症がある状態に、陽の強い食材を加えると、火にガソリンを注ぐのと同じ行為になり、小火(ぼや)が大火事に広がります。
そんな時には、陰性の食材、あるいは、せめて中庸の食材を与え、燃え盛る火を静化させる必要があります。医食同源という言葉があるように、食材一つ一つの、性質、薬効、帰経を理解し、症状に合わせて選別するのが陰陽食事療法です。

画像(220x165)・拡大画像(320x240)

処方前

画像(220x165)・拡大画像(320x240)

処方後


●スキンケアーについて
アレルギーで障害された皮膚は、すでにダメージを受けています。
その傷んだ皮膚をいじめる様な処置は、かえって状況を悪化させてしまいます。飼い主さんは、シャンプーの泡立ちが良い界面活性剤たっぷりのシャンプーを好みますが、それが、皮膚をさらに痛めます。また、殺菌効果のあるシャンプーを、やたら使用するのも考えものです。なぜならば、我々の皮膚と同じく動物にも、ものすごい数の細菌が住んでいます。そして、我々は、その細菌と仲良く共生しているのです。安易に殺菌シャンプーを使用すれば、我々のお友達である細菌まで、排除し、失ってしまうことになりかねません。「お友達は大切に」ということで、シャンプー選びも慎重に検討し、皮膚を保護する体に優しいケアーを行わなければなりません。

歯科診療

歯石の蓄積は、犬猫によく見られる問題の一つですが、唇をめくらないと分かりにくいので、ついつい見逃されがちです。歯垢に含まれる細菌は口から全身に流れ、心臓、腎臓、肝臓、脳などに問題を引き起こすと言われます。
人間のデーターですが、歯磨きをせずに朝を迎えると「約80Gのうんこ!」をくわえているのと同じ状態であると言われます。
このような状態は、はたして何百G?をくわえているのでしょうか?恐ろしいことです。
歯肉(歯茎)が後退しない前、また、歯肉下に歯石が入り込む前に、歯石除去を行うことが大切です!
歯磨きをしない動物は人間以上に歯の管理と正しい食材選びが必要です。まずは、定期的に自宅での歯、歯肉の観察と病院での定期検査とカウンセリングを受診しましょう!

画像(220x165)・拡大画像(320x240)

多くの歯石が堆積し、
見るからに恐ろしい状況です。

画像(220x165)・拡大画像(320x240)

歯石を除去してみると、歯肉が無くなり歯根の一部が露出しています。

こんな状態になる前に処置がしたかったですね。

画像(220x165)・拡大画像(640x480)

●抜歯した犬歯
歯石が歯肉の下まで入りこみ、歯周靭帯を破壊して、抜けやすくなります。

注目すべきは、表面に出ている歯の部分の歯石に比べ、歯肉下の歯石が進出していっていることです。

画像(220x165)・拡大画像(640x480)

●抜歯した臼歯
同じく歯石が歯根部にはいりこみ、先端部分のみで接着しています。

どうか、こんな状態になる前にクリーニングを受けてください!

画像(180x220)・拡大画像(332x405)

●歯科レントゲン写真
歯科診療には、レントゲン写真は不可欠です。
歯根の状況を調べるために撮影は必須です。

画像(220x155)・拡大画像(441x311)

画像(220x165)・拡大画像(640x480)

●各種ハンドスケーラー、探子
歯と歯茎の隙間の深さを測定する機材と歯石を除去する機材です。

画像(220x165)・拡大画像(640x480)

●エレベーター
歯と骨との接触(歯周靭帯)を切離する機材です。

画像(220x165)・拡大画像(640x480)

●抜歯鉗子など
歯を抜く機材です。

  一記事表示

ワクチン(抗体検査) [診察・手術の案内]

画像(220x165)・拡大画像(640x480)

中国医学の考えでは、ワクチンはいわゆる「邪毒」にあたります。「あえて毒を体に注入する必要があるのか?」「人間では、毎年ワクチン接種をしていないのにその必要があるのか?」「アメリカの一部では、ワクチンは3年に一回接種なのに毎年の必要があるの?」などの疑問が湧きました。

そこで、ワクチンメーカーのサポートを頂きながら当院で調査を重ねた結果、ウイルスの種類により多少の差がありますが、約65%の動物が毎年のワクチン接種が必要無いことが分かりました。

一方、毎年接種しているのにも関わらず、翌年には抗体価が基準値より低下し、毎年のワクチン接種が必要な動物もいました。

あくまでも飼い主さんにご選択戴きますが、まずは抗体検査を行い、その結果に基づいた無駄射ちのない「体に優しいワクチン接種」をお勧めしています。


例)犬のワクチン接種の流れ

 ウイルスの種類
 @犬ジステンパー
 A犬パルボ
 B犬アデノ
  採血⇒ 約7日間待機 ⇒抗体価が基準値と同じ、あるいは低い場合にワクチン接種

例)猫のワクチン接種の流れ

 ウイルスの種類
 @猫伝染性腸炎
 A猫ヘルペス
 B猫カリシ
  採血⇒ 約7日間待機 ⇒抗体価が基準値と同じ、あるいは低い場合にワクチン接種

●抗体検査検査報告書をご覧になる場合は、ここをクリックください。

  一記事表示

各種検査 [診察・手術の案内]

定期健康検査

予防が一番ですが、次に大切なことは、早期診断ですね。
ワンちゃんネコちゃんの年齢は、人間の2歳で20歳にあたり、それ以降4歳ずつ年を重ねます。
人間の1年に一回の定期健診は、動物の3か月に一回と同等となります。よって、7歳は人間の40歳に相当します。つまり、7歳以降は「癌年齢」に入りますので、特に健康診断の回数を必要とされます。

 ●定期健診プログラム1⇒7歳まで 年1回(理想は2回)

 ●定期健診プログラム2⇒7歳以降 年2回(理想は4回)

 <定期健診プロブラム内容>
  @全身身体検査
  A胸部レントゲン検査(胸部超音波)
  B尿検査
  C腹部超音波検査
  D全身血液検査

超音波検査

画像(165x220)・拡大画像(171x228)

超音波検査は、主に心臓と腹部、表層の軟部組織の検査と組織採取に用います。レントゲン検査では心臓の形や大きさしか分かりませんが、超音波検査では心臓の弁の形態、血流の逆流、心臓の収縮の強さ、逆流血液の速度、容量測定などに使います。
腹部の検査では、レントゲンでは判断しにくい各臓器の内部構造、臓器の大きさ、腫瘤、結石、リンパ節、血管、や妊婦胎児診断などに使います。
表層部分では、皮膚の下の腫瘤、甲状腺などの検査に使います。
超音波検査は、骨、肺に関しては診断ができません。また、胃、腸にガスが溜まっている場合には、その下の臓器は診断しにくくなります。よって、検査時は、絶食していただきます。

*胸部超音波検査についての詳細はこちらをご覧ください。

*腹部超音波検査についての詳細はこちらをご覧ください。

<超音波検査申し込み案内>
通常、検査には痛みを伴うことがないため、麻酔をかけませんが、動き回る場合には鎮静処置をさせていただくこともありますので、当日の絶食、そしてご予約の上おいで下さい。腹部超音波検査では、胃に食べ物があると粘膜面が観察しにくくなりますので、前日の夜9時以降は必ず絶食してください。

尿検査

画像(220x165)・拡大画像(640x480)

尿検査は、血液検査より軽く思われがちですが、多くの情報をもたらせてくれます。時間が経過してしまうと尿が変化をおこしてしまいますので、採取後に、できるだけ速やかに検査しなければなりません。
この尿検査で、異常を発見した場合には、膀胱に直接針を刺して採尿を行い、再検査へ進みます。

猫の慢性腎不全を血液検査より早期に発見するために、尿中蛋白、クレアチニン比の測定を定期的に行うことも大切です。

血液検査

身体検査、尿検査もとても大切ですが、血液検査からも多くの情報を得ることができます。貧血、栄養状態、肝臓、腎臓、副腎などの状態を大まかに把握できます。特定の病気を疑えば、次の特殊検査へ進みます。

糞便検査

特に若い動物では、寄生虫の心配がありますので、良便であっても、糞便検査をお勧めしています。
1歳以降は、年に1回程度の検査をしてください。
また、元気があって、急性下痢で病院に連れてこれない場合には、まず、絶食をして、食事療法の指導を受診下さい。

  一記事表示

東洋医学など [診察・手術の案内]

画像(100x100)

東洋医学(ホリスティク医療など)について
飼い主様のご要望、あるいは、治療に必要と考えられた場合にはホリスティク医療をお勧めしています。 ホリスティク医療とは、中国医学、自然療法、栄養療法、運動療法などを用いて自己免疫力を高め、身体全体をケアーする方法です。

西洋医学の特徴は心身二分論。治療は局所的で、既病を治す考えです。一方東洋医学では、心身一如論。治療は全身的で未病を治す考えです。病状は寒、熱、病期は三陽、三陰。他に虚実、表裏、気血水を検査して、全体的に評価します。別の言い方をすれば、西洋医学は検査による治療ですが、東洋医学は五感による治療と言えます。

●針、レーザー治療
鍼(針)治療とは、伝統医学(チベット、モンゴル医学)に基づいて、経穴、経絡を刺激することで、気、血、水を流し病気を治療する方法です。一般的に椎間板ヘルニア、慢性腎不全、下痢、嘔吐、痛みの除去などに用いています。


●ハーブ療法
人間と同じ認証を受けた体に優しいオーガニックハーブを使用していますので安心です。

○アルファルファ・ユッカブレンド= 関節炎に効果
○ダンデライオン・マリアアザミブレンド= 肝臓の機能強化と保護
○バードックプラス= 慢性皮膚炎、肝臓障害、代謝障害に効果
○シニアブレンド =6歳を過ぎたペットの神経、消化器、循環器、免疫機能を高める
○ホーソンプラス= 循環器系の保護
○カウチグラス・マシュマロウブレン= 尿路感染、尿路結石
○バレリアンプラス= 気分を落ち着かせる
○シベリア人参・エキナシアブレンド= 免疫力を高める
○マシュマロウプラス= 便秘、下痢に効果

●フラワーバッチ療法
植物のエネルギーによりバランスを取り戻す治療です。

画像(220x165)・拡大画像(640x480)

○スクレタンタス=車酔い
○オリーブ=肉体、精神的に疲労
○クレマチス=集中力がない
○クラブアップル=浄化と解毒
○チェリープラム=強い攻撃性
○ロックローズ=パニック発作
○チコリー=独占欲が強い
○ウオールナット=環境の変化
○ミムラス=原因がわかる不安感や恐怖感
○アスペン=原因のわからない不安感や恐怖感
○スターオブベツレヘム=肉体的、精神的トラウマ

●振動療法
●漢方療法
●体質に合わせた中医食事療法
●ホモトキシコロジー療法
●栄養補助食療法



  一記事表示

ページのトップへ

症例検索キーワード

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • 石崎動物病院の日々

検索

診療時間

診療時間説明

呉本院

タイムスケジュール

大柿分院

タイムスケジュール

※ 診療・往診共に完全予約制です。
※ 分院の金曜日と日曜日は隔週となります。

電話予約はこちらまで!
[呉本院] 0823-21-4175
[大柿分院] 0823-40-3055

※ ご予約は閉院30分前までにお願いします。

最近の記事

リンク集

powered by a-blog

[Login]