広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

医療設備

RSS1.0


各種内視鏡 [医療設備]

画像(220x330)・拡大画像(427x640)

腹腔鏡ユニット

内視鏡とは、カメラで組織を拡大観察し、組織を採取して確定診断につなげたり、ダメージの少ない低侵襲手術を行う機器です。その手技には、TV、カメラ、気腹装置、光源、記録装置が必要です。

画像(284x214)

●腹腔鏡 
お腹に空気を入れて、特殊なカメラ、鉗子などを用いて、臓器の一部を採取し、組織診断を行ったり、ダメージの少ない日帰り手術を行う手技です。当院で一番多く用いられているのが肝臓の組織検査と避妊手術です。

適応例
@避妊手術 A子宮蓄膿症 B腹腔内陰睾 C脾臓摘出 D空腸カテーテルE各種生検(肝臓、腎臓、膵臓、腫瘤)F胆汁採取 G胃内異物摘出 Hソケイヘルニア

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

各種タイプの鉗子

腹腔鏡手術時に使用する、各種鉗子、持針器です。

●膀胱鏡 
膀胱内に水を還流しながら視野を確保し、組織採取、膀胱結石除去、レーザーによる膀胱内腫瘍照射を行います。

適応例
@生検 A結石採取 Bレーザーメスによる腫瘍緩和

画像(220x165)・拡大画像(320x240)

無数の膀胱結石

画像(220x165)・拡大画像(320x240)

★型の膀胱結石


●消化管(胃・腸)内視鏡 
人間でおなじみの胃カメラです。先端のカメラから食道、胃、腸(小腸、大腸)を観察、検査できます。人間と同じピロリ菌検査も同時に行えます。
ボール、おもちゃ、釣り針等の異物を飲んだ場合にも活躍します。
また、猫ちゃんに多い炎症性腸炎の組織検査にも力を発揮します。

適応例
@異物除去 A組織検査 B胃チューブ設置Cピロリ検査

画像(220x165)・拡大画像(320x240)

7.8mm と9.0mmの内視鏡です。

画像(128x192)

消化管内視鏡ユニット


画像(330x247)・拡大画像(600x450)

●耳鏡 
主に慢性外耳炎における検査、洗浄、処置を行います。鼓膜の状態、鼓膜の奥の部屋(鼓室)の詳細が分かります。
このカメラを通して、レーザーを挿入し、耳道内の炎症、腫瘍などを除去します。


適応例
@組織検査 Aレーザーメスによる腫瘤切除B鼓膜・鼓室観察 C培養

画像(220x165)・拡大画像(320x240)

膨らんだん鼓膜

画像(220x165)・拡大画像(320x240)

鼓膜手前の耳垢


画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●鼻鏡 
鼻の穴から内視鏡を挿入し、鼻腔内観察、組織検査、異物除去などを行います。鼻の奥は、フレキシブル内視鏡を[J]の字に曲げて観察します。

適応例
@組織検査 A異物除去

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

5mm内視鏡です。

●気管支鏡
慢性の咳があり、感染性肺炎を疑う場合には気管支を洗浄して、細胞・細菌培養検査を行います。また、気管内異物を除去する場合にも使用します。消化管検査内視鏡よりずいぶんと細い(5mm)サイズです。

適応例
@培養・細胞検査 A異物除去


●胸腔鏡 
頻度は少ないですが、大がかりで痛みが強い胸腔切開をしなくとも小さな創口で行える、心嚢膜切除は特に有益です。

適応例
@組織検査A生検B心嚢膜切除

●喉頭鏡 
喉の部分の観察や異物を除去したり、腫瘤の組織検査を行います。

適応例
@組織検査 A異物除去

※内視鏡症例についてはこちらをご覧ください。

  一記事表示

レーザー [医療設備]

当院では、以下のレーザーを準備しております。
各レーザーで役割が異なり、内容により使い分けています。

画像(212x284)

●炭酸ガスレーザー
人間では、美容形成のホクロ、しみ取り処置で有名です。体の組織は多くの水分でできていますので、このレーザーを使用することで、組織を蒸散させて、止血、凝固、切開、蒸散、除去します。電気メスと比較してダメージが少ないので、痛みが軽く、傷の治りが早くなります。小さな腫瘤、鼻の穴の形成、口内炎の処置などに使用します。

画像(219x330)・拡大画像(300x450)

●半導体レーザー1
近赤外線の熱エネルギーで組織を止血、凝固、切開、蒸散、除去します。小外科、歯科、エキゾティック動物(鳥、うさぎ、ハムスターなど)の手術などに使用します。

画像(300x225)

●半導体レーザー2
同じく近赤外線ですが、主に痛みの除去に使用します。

  一記事表示

その他 [医療設備]

画像(300x225)

●超音波凝固手術装置
超音波の振動(555000回/秒)をメスの刃先に伝え、組織凝固と切離を同時に行う器械です。低温で組織を凝固、止血、切離できるので、手術に伴う組織へのダメージが少なく、術後出血の危険性を回避できるだけでなく、術後の傷の治りが非常に早くなります。我々は、主に腹腔鏡下外科手術に用いています。

画像(330x220)・拡大画像(384x256)

●手術用顕微鏡
大きく拡大できるので、細かい血管縫合、
角膜疾患などの手術に使用します。

画像(247x330)・拡大画像(342x456)

●超音波診断装置

胸部超音波検査は、体に高い周波数の音波を当てて、反射してくる音波を受け取って画像にします。ここでは心臓を中心に検査します。左の装置は血液の流れをカラー表示して、血液の流れる様子が鮮明にわかる機能を持ちます。これを用いて弁膜症の有無、逆流部位、逆流血液量などが測定できます。この他に先天性心疾患、心筋症、腫瘍、心嚢水などが判別できます。超音波検査時間は約30分かかります。


*超音波検査における詳細はこちらをご覧ください。

腹部超音波検査
お腹の臓器を中心に検査を行います。肝臓、胆嚢、脾臓、腎臓、副腎、リンパ節、膀胱、前立腺、すい臓などを観察し、血液の流れをカラー表示して腫瘍への血管走行を判断することも可能です。非常に浅い部位では、甲状腺、表層の腫瘍などを検査します。超音波検査時間は約30分かかります。

画像(320x213)

●アルゴンビーム電気メス
この機械は、電気メスとアルゴンプラズマ凝固が行えます。
電気メスとは、メス先電極と呼ばれる細い金属に高電圧の高周波電流を流し、体に接触したときの抵抗による熱によって臓器や皮膚を切開・凝固できます。様々な外科手術に用いています。

アルゴンプラズマ凝固とは、アルゴンガスをメス先電極付近から患部へ吹付けるものです。電導性の高いアルゴンガス中の放電は電流密度が低く均一であるため、組織を浅く均一に凝固することができます。レーザーのように炭化したり、灼けすぎて軟骨壊死を起こす心配がありません。我々は、主に肝臓切除後の広範囲止血に用いています。

画像(246x330)・拡大画像(320x429)

●歯科ユニット
歯石を本格的に取ったり、歯内療法を行う時に使用する機械です。

画像(320x240)

●血液検査器具
人間でもおなじみの様に、貧血、脱水のあるなし、肝臓、腎臓、栄養状態、一部のホルモン測定などを検査できます。

右の機器では、生化学検査を行い、下の機器では、血球の数を測定します。

画像(240x181)
画像(200x267)

画像(320x240)

●炎症たんぱく測定器
急性炎症時に上昇するたんぱく質を測定します。病気の予後を判断したり、炎症が存在するかを調べます。

画像(320x240)

●麻酔器および麻酔モニター
手術準備室です。
麻酔導入、硬膜外麻酔、毛刈り、一次消毒などの麻酔準備を行い、手術前の準備を行います。その後、手術室へ移動します。


画像(330x220)・拡大画像(376x251)

手術室です。
人間の手術と同じく、安全に麻酔を管理するために、準備室と同じく人工呼吸器で呼吸を、血圧、酸素濃度、二酸化炭素濃度、心拍数、心電図の波形で循環をモニターします。



画像(330x247)・拡大画像(456x342)

●各種整形外科器具
主に骨折の修復に使用します。

画像(320x240)

●血液凝固能測定器
手術前の止血状況、血液凝固異常疾患の診断に使用します。

画像(320x241)

●血圧測定器
人間では当たり前に測定する血圧ですが、動物での測定は難しく、主に、手術中のモニターリング、猫ちゃんの慢性腎不全、甲状腺機能亢進症を疑う場合に使用します。

画像(320x240)

●電解質測定器
ナトリウム、カリウム、クロールの3種類の電解質を測定します。

画像(247x330)・拡大画像(300x400)

●クライオガン(凍結手術)
組織を凍らせて破壊する器械です。人間の皮膚科では、疣を取る際に使われています。我々は、皮膚、肛門、眼瞼、口腔内の腫瘤、逆まつ毛の永久脱毛処置などに用いています。大きな腫瘍の場合には、処置を数回繰り返す必要があります。

画像(320x240)

●クライオガン各種プローブ
腫瘤の大きさ、タイプに合わせて、各種プローブを使い分けます。


画像(320x240)

●インバーター式レントゲン装置
骨折、心臓の大きさ、異物、肺の状況、腹部探査などを行います

画像(320x240)

●眼科検査器具
網膜の状態を観察する眼底カメラ
角膜の状態を観察するスリットランプ
眼圧を測定する眼圧計など


画像(320x240)

●血液ガス測定器
血液の酸ー塩基平衡を測定したり、肺の換気状態を把握します。

画像(330x247)・拡大画像(456x342)

●徐細動器
心房細動などの緊急救命疾患において、電気ショックを加えることで、心臓のリズムを復帰させることを目的に使用します。

画像(247x330)・拡大画像(300x400)

●心電図
心拍数の異常、心調律の異常、不正脈の出現などで心臓の電気的状況を検出します。

  一記事表示

ページのトップへ