広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

診察・手術の案内

RSS1.0


外科・整形・眼科診療 [診察・手術の案内]

整形外科

最近は、交通事故が少なくなりましたが、各種骨折整復機材を取り揃えています。出来るだけダメージを与えないことが大切ですが、骨盤骨折などでは、出来るだけ元に近い形に復元することが必要になります。
また、人間同様に慢性の関節疾患、椎間板ヘルニアが増加していますので、特に肥満に注意し、規則正しい生活と適度の運動(腹筋強化)を心掛け予防に努めましょう!

●大腿骨幹骨折例

画像(220x165)・拡大画像(640x480)

術前

画像(220x165)・拡大画像(640x480)

術後


画像(220x165)・拡大画像(640x480)

術前

画像(220x165)・拡大画像(640x480)

術後

外科

画像(220x164)・拡大画像(640x479)

人間と同じように、腫瘍の発生がとても多く感じます。早期に診断、切除できれば、多くは救命できます。できるだけ、切らないに越したことはありませんが、切らなければいけないのであれば、気が付いたときが切除時期です。大きくなるまで様子を見るなどは、決して考えずに、早期切除をお勧めします。


画像(220x165)・拡大画像(320x240)

そして、7日後の病理検査を待ちます。無事に完全切除できていたとしても、ここからが大切です。腫瘍ができる体ということは、既に免疫が低下している訳ですから、これを機会に生き方を見つめて、病気にならない生き方を心がけなければなりません。当方では、腫瘍摘出後の健康管理に特に力を注いでいますから、しっかりと話をお聞きください。

眼科

動物も人間と同じような眼科診療が受けられるように設備準備を続けています。歯の疾患と同じように、ついつい受診が遅れがちになりますが、ふだんから瞼を持ち上げて「赤目」はないか?「しょぼしょぼ目」はないか?「目ヤニ」はないか?などの兆候に眼を光らせて下さい!そして、異常と感じたら一刻も早くご来院ください。(自宅でできる身体検査参照)


ページのトップへ