広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

INFORMATION

★★★獣医師と看護士募集!
健全で謙虚で前向きな方を募集しています。 通常診療から先進治療、東洋医学など幅広く勉強できる好環境です! 先ずは、実習で周波数が合うかご確認ください。
詳しくはTEL.0823-21-4175またはスタッフ募集よりお問い合わせください。
★★★病院の診察時間が変更になりました。
★本院平日⇒午後6時まで 土曜日⇒午後5時まで 祝祭日⇒昼12時まで
木、日曜日⇒休診
★分院水、日曜日⇒4時まで 金曜日⇒午前中(金、日曜日は隔週) ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします。
※継続支援のお願い
2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震災害が発生して5年が過ぎました。いまだ避難を余儀なくされた皆さんは故郷に帰ることも叶わず、仮設住宅暮らしが続いています。我々の東北が再生して初めて日本の再生がなされるものです。震災後の時間経過と共に温度差が生じていますが、我々の東北を支援していく気持ちに変わりはありません。日本国民が力を合わせ、この国難に向かって前向きに頑張っていかなければなりません。また、福島原発4号機の危機的状況が続いたままであり、数万年先まで子子孫孫に放射性物質の負の遺産を残す無責任な振る舞いも、近々に現世の我々によって検討しなければならない大きな課題です。

RSS1.0


犬の心タンポナーゼ [News]

●20歳、Mix、♀、ぺこ
以前から咳をしていたが、「急にショック状態が発生し、舌の色が白く変化し、眼振を発生、7転8倒の苦しみがあった」と来院されました。
既に他院にてメニエルと診断されていましたが、眼振は治まっていました、呼吸が重いことと咳が気になり、まずは身体検査とレントゲン検査の許可をいただきました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●レントゲン写真
心臓の拡張がみられ、特に右の前方域は大きき膨らみ塊状病変を疑わせます。また、胸水もわずかにあるようです。

画像(330x257)・拡大画像(640x500)
画像(330x257)・拡大画像(640x500)

●超音波検査
心臓に近い側とその外側に液体貯留を認めました。超音波では、袋内の液状がそれぞれ異なる様子が見られます。
また、心基底部に腫瘍らしき塊が見られます、確定診断はできませんが、血管肉腫が想像されました。

画像(330x246)・拡大画像(640x479)

●穿刺液
左が100ml、右が400ml、いずれも心嚢穿刺から採取された液体です。袋が2層になっていて心臓に近い側が左、胸に近い側が右で異なる様相を呈し超音波所見と同じ内容でした。
穿刺後の心臓の検査では、僧房弁閉鎖不全が見つかりました。穿刺液の細胞診では異形細胞は見られませんでした。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●処置後
著しかった咳は直ぐに治まり、食欲も改善されました。心臓周囲にに合わせて500mLもの貯留液が溜まり、その圧迫で咳と食欲不振が発生していたと想像されました。

●腫瘍対策
20歳ともなると当然老化による酸化は発生しますが、根本的な腫瘍発生の問題である酸化の原因を見つめなければなりません。酸化の原因は、大気汚染、添加物、化学物質、重金属、水道水、電磁波の影響、精神・肉体的ストレスなどから発生し、長年の生活習慣から悪化します。それぞれを点検しながら、全てを改める意識と行動力が今後の未来を分けます。じっくりと飼い主さんとお話を進めながら、酸化を還元する実践行動を積極的に行っていかなければなりません。ちなみに、当院では抗癌剤は使用しません。なぜならば、抗癌剤は、酸化還元電位で表現すると2000mVもの高酸化力を持つ代物で、活性酸素により酸化が進んだ状態をさらに酸化させて、強力に足を引っ張る要因になるからです。

  一記事表示

犬の前十字靭帯部分断裂と内方脱臼 [News]

●柴犬 6歳 ♂ 
「3ヶ月前から散歩は通常通りするが、後ろ肢を気にしている」と来院されました。身体検査では、軽度の肥満と左膝の若干の不安定感と膝蓋骨が内側へ脱臼する異常がありました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●レントゲン写真
慢性経過故に無麻酔の触診で判断することが難しく、麻酔下で触診および負荷をかけたレントゲン撮影を行いました。前十字靭帯が断裂あるいは部分断裂の発生があると、脛骨の前方への滑り出しが生じ、関節包の形に変化が起こります。

画像(330x236)・拡大画像(387x277)

患肢側が脛骨が前方へ僅かに滑り出し、関節内の脂肪の映像が変化しています。

画像(330x252)・拡大画像(353x270)

●部分断裂した前十字靭帯
レントゲンで靭帯の異常を確認できたので手術を行いました。手術までの待機期間に減量をお願いしましたが、ほとんど達成できませんでした(笑)。関節胞を開放すると十字靭帯は完全断裂ではなく80%断裂しているのが分かりました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

ピンセットで摘まんでいるのが断裂した靭帯

●滑車溝形成
慢性炎症により生じた骨棘を除去して滑車溝の形成を行いました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

滑車の溝掘り作業

●関節外固定
関節を大量の生理食塩水で洗浄し、太い固定糸で脛骨粗面に開けた穴と種子骨を結びました。この固定が十字靭帯の代わりとなり脛骨の前方移動を抑制します。

画像(330x223)・拡大画像(446x302)

●関節重層縫合と解放
内方へ引っ張られる力を削減するために関節周囲の組織を重ね縫いし、内側の関節包を開放し閉じました。

画像(330x250)・拡大画像(421x319)

●術後
7日間はバンテージの固定をおこない、最低限8週間はリードを付けて短時間の散歩のみにします。その後、12週まで徐々に散歩を増やし、それ以降は従来の活動にもどしてもらいます。

  一記事表示

小鳥の食事について [News]

●正しい食事が大切
ほとんどの小鳥の食事は、種100%で構成されています。多くの飼い鳥は、80%のペレットと野菜類、10%以下の果物、ナッツ、穀物が良いとされます。種子のみを長期に渡り食べ続けると、VA欠乏症、低カルシウム症、脂肪肝などが発生します。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●食事の変更
辛抱強く4−5カ月かけて種子にペレットを混ぜながら熱心にあの手この手で変更に努めなければなりません。

  一記事表示

過去の記事へ

ページのトップへ

症例検索キーワード

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • 石崎動物病院の日々

検索

診療時間

診療時間説明

呉本院

タイムスケジュール

大柿分院

タイムスケジュール

※ 診療・往診共に完全予約制です。
※ 金曜は午前と午後を交互に開院しております。

電話予約はこちらまで!
[呉本院] 0823-21-4175
[大柿分院] 0823-40-3055

※ ご予約は閉院30分前までにお願いします。

最近の記事

リンク集

powered by a-blog

[Login]