広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

RSS1.0


選択されているタグ : 

歯科

猫の口内炎2 [News]

●ウララ 11歳 ♀ 三毛猫
「出血し、食欲がなく、よだれを出し、前足で口を掻く」主訴で来院されました。口の中は、痛々しく変化していました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

炎症著しい肉芽病変は、口の側方からはみ出していました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●口頬部の痛々しい炎症病変

画像(330x247)・拡大画像(640x480)
画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●口内炎治療と対策
口内炎の原因は長期に渡る細菌に対する自己免疫による炎症反応です。治療は、抗生物質、免疫抑制剤、インターフェロンなどがありますが、最も効果的なのは全ての歯を抜歯する外科処置です(80%改善)。外科で特に気を付けなければいけないのは、抜歯作業中に歯の小さな根が折れてしまう残根の問題です。この歯根片を残してしまうと、術後再発の可能性が生じるので熟練した手技が必要となります。

全抜歯に抵抗を持たれる飼い主さんが多く、そのお気持ちは十分に理解できます。しかし、長期薬物管理の副作用を考えると積極的に外科を考量する必要があります。また、抜歯後は、歯が無くとも食事は通常通りいただくことが可能です。

●1ヶ月後
今回は、舌根部に膿瘍を形成してしまいました。ようやく飼い主さんが重い腰を挙げ、全抜歯の許可をいただく事ができました。全抜歯は、この状態が治まり次第行う予定です。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●口腔学セミナー
先般、歯科学の権威者の一人あるペンシルバニア大学のDr.Harveyが来日されました。猫の口内炎についてDr.Harveyも「現段階では、最後の手段ではなく、一番に選択すべき手技である!」と仰っていました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

私のしつこい質問にもかかわらず、丁寧にお答えいただき、数々の歯科の問題点が消化され、明日への臨床に大いに役立つご教授をいただきました。感謝。


関連タグ :

  一記事表示

犬の慢性鼻汁 [News]

●きなこ 14歳 ♀ ボーダーコリー
「数か月前から鼻から膿が出る」主訴でした。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●持続的な片側鼻汁
片側からの膿汁排出の原因は、異物、腫瘍、歯根膿瘍などが考えられますが、まずは、麻酔をかけて歯の検査をさせていただくことにしました。ちなみに、鼻汁塗抹検査は、白血球が捕獲していました。つまり細菌感染が存在することが分かりました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●第四前臼歯側方ポケット
探査用のプローブによる検査を進めました。一見正常ですが、第4前臼歯口蓋側に微かな膿を見つけ、プローブを挿入すると、正常では3mm程度のスペースが3pの深さまで入り込む異常を見つけました。歯の状態を目視確認するために歯肉切開を行いました。

画像(330x219)・拡大画像(536x356)

プローブが根元まで入るスペースを発見!

●歯肉切開、抜歯
第4前臼歯は3本の根を持ちますが、口蓋側の根はレントゲンの通り、既に溶解吸収され消失していました。そして、抜歯を行うとその奥には、大量のクリーム状の積載物(膿)の塊が充満し、大きな穴が開いていました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●排膿、洗浄
大きな穴から出た大量の積載物を優しく掻き出し、そして、洗浄を繰り返しました。大きな穴は、鼻道を貫通し広範囲に口蓋の骨を侵食していました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●フラップ形成
その穴を放置すると食べ物が鼻道に入ってしまうため、口腔粘膜を利用して穴をふさぐ計画を立てました。

画像(330x261)・拡大画像(406x322)

●縫合
粘膜のフラップにより無事に穴が覆われました。
全ての歯の再チェック、歯石除去、歯肉腫瘤の切除、ポリッシングを行い、全行程(約4時間)が終了しました。
*全行程の中には、術前の胸部、四肢のレントゲン撮影、腹部超音波検査が含まれます。

画像(330x243)・拡大画像(470x347)

老齢でしたので、流石に麻酔の覚醒には時間を要しましたが、翌日からは食欲は正常に復しました。
長時間に渡りご苦労様でした。

●教訓
歯石の蓄積が僅かであっても、今回の様な事態が発生することがあります。定期的な歯石除去の際に、一本一本調べて記録に残しておくことが大切です。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

関連タグ :

  一記事表示

歯科(歯冠)治療 [飼い主さん感想文]

●ダックス 10歳 ♂
こちらの病院にお世話になる前、他の病院(動物歯科専門医?)で歯の修復手術をしてもらっていました。修復した歯はデリケートなので硬いものは噛ませないようにと指導され、よくよく注意していたのですが、術後3ヶ月で修復箇所が取れてしまいました。

はっきりとした原因は分からなかったのですが、再手術を勧められたため、不安が残りながらも2度目の手術を受けました。でも、やはり3ヶ月を過ぎた頃、取れてしまったのです。どう考えても自然に取れたとしか思えませんでした。

又、有無も言わせず再手術、そしてまた取れるかも・・・。そう考えると不安で再度同じ病院に行く気持ちになれず、ネットで色々調べ捜した所、少し遠いのですがこちらの石崎動物病院を見つけたのです。

画像(330x236)・拡大画像(640x458)

診察をしてもらい、それまでの経緯も全てお話させていただきました。色々な意味で不安に感じている私たちの気持ちを先生はとてもよく理解して下さったので、相談しやすく、納得した上で再度手術をすることを決めることが出来ました。

手術に関して先生は「今出来る最高の手術をして今後また再手術になるような事がないようにしてあげたい」色々考えてくださり、その結果、先生の知人の歯医者さん(人間の)が立会って下さる事になりました。こんなにも親身になって考えてくださった事にとても感動しました。

そして手術は無事成功。
治療後の歯もとても綺麗で、見た目には分からないほどです。今のところ取れる様子もありません。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

本当に今回の手術のことでは、色々と親身になって考えてくださってありがとうございました。ワンコの歯を治療できる病院は少ないため多くのワンちゃんが欠けた歯をそのまま放置させられたり抜歯されたりしているのを見かけます。そのたびに、治療できることもあるのに・・と思ってしまいます。

石崎先生にお会いしていなければこの歯は残すことが出来なかったかもしれません。せっかく綺麗に残していただいた歯なので硬いものを噛ませないように注意し、一生大切にしていきたいと思ってます。
本当に感謝しています。ありがとうございました。


関連タグ :

  一記事表示

過去の記事へ

ページのトップへ

症例検索キーワード

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • 石崎動物病院の日々

検索

診療時間

診療時間説明

呉本院

タイムスケジュール

大柿分院

タイムスケジュール

※ 診療・往診共に完全予約制です。
※ 分院の金曜日と日曜日は隔週となります。

電話予約はこちらまで!
[呉本院] 0823-21-4175
[大柿分院] 0823-40-3055

※ ご予約は閉院30分前までにお願いします。

最近の記事

リンク集

powered by a-blog

[Login]