広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

RSS1.0


選択されているタグ : 

心不全

犬の慢性心不全+感想文 [飼い主さん感想文]

●チャミィ 11歳 プードル ♂
小型犬の高齢期によく発症する僧帽弁閉鎖不全が見つかりました。その後、心不全が右に進行し、ついには肺水腫を起こす緊急事態に進展することになり3回生死をさまよいました。その後、波動療法と波動で選択する漢方薬を中心に安定した状態が続いていいます。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●飼い主さん感想文
石崎院長先生はじめ副院長先生、スタッフの皆様に大変お世話になりありがとうございます。

我が家の愛犬は、重い心臓病を抱えているにもかかわらず、先生方のおかげで現在健やかに暮らしています。愛犬のトイプードルは12才のメス、ちゃみという名前で家族同様に可愛がっていたのですが、重度の心不全患い、発作や痙攣を起こすため、散歩や興奮することは極力ひかえていました。

心臓発作を起こした時は、あまりにも辛そうな状態だっので、もうだめかもしれないと覚悟したほどでした。そんな時、石崎先生から波動治療を勧めていただきました。波動は目に見えないものですから、半信半疑な部分はありましたが、石崎先生の熱心で誠実な治療の姿を見てきていましたし、何より信頼していましたので、波動治療に挑戦してみることにしました。

治療を始めてから少しずつ失っていたエネルギーというか生命力を、「ちゃみ」の体が取り戻してきているのが見ていて分かりました。薬もオーダメイドで、その時の体の状態に合わせて体に負担のかからない最適なものを処方していただけます。西洋の薬をなるべく使わずに漢方やアロマなど自然のものを多く取り入れてくれています。

一時はもうダメかもしれない、と覚悟を決めた時が嘘のように、今は穏やかに苦しむこともなく暮らしています。
家族の一員の命を助けてくださっただけでなく、苦しみから解放してくださって、本当にありがとうございます。
感謝の気持ちでいっぱいです。


関連タグ :

  一記事表示

ページのトップへ