広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

RSS1.0


選択されているタグ : 

整形外科

ウサギの骨折 [News]

●サンタ うさぎ 3歳 ♂
飼い主さん帰宅後、足の様子がおかしいことに気づき来院されました。
触診で骨折を認識、骨節部では皮膚を貫通して骨の先端位置が
僅かに飛び出しているのを指先で感じました。
続いて、レントゲンを撮影しました。

画像(330x241)・拡大画像(543x397)
画像(330x242)・拡大画像(495x364)

●3日後
食欲、元気正常。
足の腫れはありますが、歩行は通常通りでした。
7日後に抜糸です。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

関連タグ :

  一記事表示

犬の大腿骨遠位部骨折 [News]

●マルチーズ ♂ 11歳 マッシュ
他の病院からのご紹介でした。お気の毒にも飼い主さんの車に轢かれたそうで、当方へ来院いただいた数日後には、足を挙げたままの状態を呈していましたが痛みはありませんでした。レントゲン撮影を行うと想像通り大腿骨遠位部が骨折を起こしていました。

画像(330x220)・拡大画像(562x376)

●手術
大腿骨の湾曲に合わせた専用のプレートを使用しました。遠位部はカーブしているため、多少のプレート整形を加えました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●術後レントゲン写真

画像(330x225)・拡大画像(543x371)

遠位部のネジ2本が長すぎたのは残念でした。

画像(330x236)・拡大画像(504x361)

●10日後
術前に甲状腺機能減退症を診断し、既にホルモン剤の投薬を始めていました。来院時のエネルギーの無いひなびた状態から若々しい状態に変化しました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

ギブス除去後、無事に抜糸が終わりました。飼い主さんとの感動的な再会を終えて元気に帰宅されました。 祝退院!


関連タグ :

  一記事表示

犬の心疾患を伴う十字靭帯断裂 [News]

●関節内の変性性変化
飼い主さんのご都合、そして、心不全を伴っていたため、断裂発生から手術までに時間を要しました。関節を切開すると滑車溝外側部に骨棘(骨膜の変化)が発生していました。盛りあがった骨膜を滑らかにして、定法とおり膝関節の安定化をナイロン糸で行いました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●術後とその後
痛みの管理(硬膜外麻酔、フェンタニールパッチ)により翌日は装着したギブスのまま歩行可能になっていました。通常、3日間はお預かりするのですが、飼い主さんと離れたことで足の痛みより心の痛みが激しく、心臓への悪影響が危惧されたため翌日には早速退院することになりました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

10日後の抜糸に来院いただきましたが、状態はすこぶる安定し、食欲旺盛、精神状態良好になっていました。心も心臓も安定している状態に安心しました。


関連タグ :

  一記事表示

過去の記事へ

ページのトップへ

症例検索キーワード

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • 石崎動物病院の日々

検索

最近の記事

リンク集

powered by a-blog

[Login]