広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

RSS1.0


選択されているタグ : 

眼科

猫の眼瞼内反症 [News]

●タロー、猫、1歳 ♂
涙が出て、目が腫れている主訴で来院されました。
数か月前に角膜潰瘍から眼内感染を起こし、両目を失っていました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●内反症
今回は、下の眼瞼が内側に入り込み、その刺激で結膜が充血と浮腫を起こしていました。このケースは、上記の通り角膜穿孔から眼球内感染が起こり、其の後、眼球が萎縮したため、今回の内反症に繋がったと考えられます。下の写真の、赤くなっている下瞼が目の中に巻きこまれていた部分です。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●眼瞼縫合
眼球を大きくすることはできないので、下瞼を一部切開、除去する予定しました。しかし、手術前日に風邪を引いてしまったため延期となり、炎症が進行したので後日応急処置を施しました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●手術
応急処置後、炎症が消褪したのをみはからって、手術を行いました。まずは、消毒後、内反の程度を確認しました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

術後の出来上がりをイメージしながら、下の瞼と外の眼角を切除して縫合しました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

手術が終了したところです。内反が矯正されているのが分かりますか?

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

関連タグ :

  一記事表示

犬のドライアイ(乾性角結膜炎) [News]

●13歳、日本犬、ヤマト、♀
涙が十分に角膜表面を覆えない状況を「ドライアイ(乾燥性角膜炎)」と呼びます。その結果、角膜表面が乾燥して目脂(めやに)を排出したり、重症では潰瘍を生じることがあります。下の写真では、乾燥して膿で固まった右目と涙管を通って鼻に抜けた膿が固まった状況が見えます。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●流涙検査
瞼に試験紙を差し込んで1分間の涙量の測定をします。1分間で15mm以上が正常ですが5mmしかありませんでした。
角膜を覆う涙は3つの層(@脂A水分B粘液)から成り立っています。どの成分が不足してもドライアイになるのでその原因がどの問題かを探る必要があります。また乾燥によって糜爛、潰瘍が形成されることもあるので、合わせて検査が必要です。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●点眼開始から1ヶ月
点眼を開始して約一カ月が経過しました。途中で効果がみられなかったので点眼薬の濃度を上げて2週間が経過しました。
目脂が消え、潤いが戻り、綺麗な目にもどりました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

関連タグ :

  一記事表示

東洋眼虫 [News]

●福 アメショーMix ♂ 14歳
ワクチン時の身体検査で「最近、目ヤニが出て目が赤いのです」と言われました。観察すると結膜充血、瞬膜突出、目脂が確認されました。そして、眼の検査時に局所麻酔を点眼した際に「東洋眼虫」がモコモコと湧き出てきたのでした。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●東洋眼中とは?
アジア、北アメリカに分布する寄生虫で人にも感染し、ショウジョウハエがこの虫を運びます。治療は、虫を直接ピンセットで除去します。
特に著しい症状は起こしませんが、虫の寄生で慢性的な結膜炎が起こります。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

「赤目は、何らかの異常があるので受診してください!」


関連タグ :

  一記事表示

過去の記事へ

ページのトップへ