広島県呉市「石崎動物病院」

動物に優しく思いやりのある診療をモットーに

RSS1.0


犬の慢性皮膚疾患 [News]

●プードル 

画像(330x215)・拡大画像(503x329)

●波動測定
波動測定結果は、食物アレルギーが疑われました。そこで、必要とした食事を選択し、トライアルして戴くことにしました。

●結果
14日目の結果は良好、べたべたしていた皮膚は80%改善し、「この先、この子はどうなってしまうのか?」とうい飼い主さんの不安が解消され笑顔もどりました。ここで一言、飼い主さんの負の波動は必ず動物に伝わります、口に出さなくとも思いが波動となり感度の高い動物に伝わります。少しづづ改善する皮膚の状態で飼い主さんの心が安定し、動物へのストレスも軽減さら、治癒効果が促進したことも考えられます。

  一記事表示

犬のマイコプラズマ性気管支肺炎 [News]

●リトル ♀ 8歳 プードル
主訴は「咳き込む」でした。約1ヶ月半前から症状が始まり、当初は良く吠えること、そして頚部の軽い圧迫で咳がでることから気管虚脱を疑い治療を進めていました。しかし、咳は変わらず、食事アレルギーもあることからアレルギー性肺炎も考慮していましたが、徐々に進行している感がありました。

画像(330x250)・拡大画像(487x370)

●レントゲン撮影と病原体検査
肺で捻髪音が聴取されたことから、レントゲンを撮影しました。肺野にはドーナツ状のサインがあり、気管支肺炎の様相で、さらに波動測定で病原体(マイコプラズマ)を疑いました。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)
画像(330x247)・拡大画像(539x404)

抗生剤と抗菌漢方薬の併用が始まりました。飼い主さんが薬を飲ませれない(実は、飼い主さんには凶暴で咬みつく)ので、仕事終わりの夕方に投薬のみに毎日通っていただくことになりました。

画像(330x250)・拡大画像(478x363)

●1ヶ月半経過
薬は非常にゆったり効果がでました。急性炎症を表す数値も徐々に低下(CRP;2.5⇒1.5⇒0.5)し45日目には、正常に復したので、最終確認のレントゲン撮影を行いました。

画像(330x239)・拡大画像(333x242)

咳は全くなし、そして、波動検査でも病原体は白に変化していましたので投薬を中止しました。

画像(298x212)

●飼い主さんに拍手
毎日、毎日、薬の投薬だけに根気よく通っていただき有難うございました。薬がヒットして徐々に咳が治まっていったことで、飼い主さんのモチベーションも上がり、笑顔で通っていただいたことに心より感謝申し上げます。できれば、これを機会に躾をやり直し、自宅で投薬できるようになれば良いですね(笑)。病原体は酸化環境を好みます、これより活性酸素の発生をできるだけ抑える酸化対策を試みて病原体の寄りつかない体質改善を行うことが何よりも必要であります。

  一記事表示

犬の食物アレルギーと減感作療法 [News]

●主訴
シュナウツアー ♀ 10歳
9年前から定期的な消化器症状(嘔吐、軟便、下痢)と軽度の皮膚症状ありました。治療をおこなえば直ぐに症状が治まっていたので対症療法を行ってきました。また、アレルギー検査(リンパ球反応試験)は、陰性でした。

画像(330x247)・拡大画像(640x480)

●波動測定と現在
リンパ球反応検査は陰性でしたが、定期的に消化器症状を繰り返すために、波動による周波数検査を行いました。結果は黒でした。従って試験的食物トライアルを行い、合わせて、当院のアレルギー測定の結果を用いて減感作療法を行いました。現在は消化器症状、皮膚症状が全く消失し、飼い主さんも大満足な状態です。もっと早いアプローチをして差し上げればよかったと反省しています。

  一記事表示

新人歓迎会 [院長コラム]

●祝歓迎!
いつも催し物を開催する際には、急患が入りバタバタするのですが、今回は、遠方からいらっしゃる患者さんが1時間遅れの到着でした。想定内の範囲でしたので、やや遅れて無事歓迎会を開催することができました。

画像(330x235)・拡大画像(401x286)

私の手前が新人看護師さんです。真面目で誠実で動物に優しいのが気に入り採用しました。病院でお見かけの際には、一声かけて頂ければ幸いです。
「今日よりは明日、明日よりは明後日と、常にレベルアップに努め、患者さん、飼い主さんの幸せに皆で貢献するぞ-❤」

  一記事表示

過去の記事へ

ページのトップへ